業者が作成したホームページを更新するには?

業者に依頼して作成したホームページを、自分で更新したい
という人は、実はかなり多いのではないかな?
理由はいろいろあるだろう。
たとえば、こんなことが予想できるぞ。あなたに当てはまることあるかい?

  • 更新費用がかさむので、経済的に厳しい
  • 頼んでから時間がかかりすぎる、もっとスピーディーに更新したい
  • 業者とケンカしちゃって、連絡が取れない
  • 自分でも更新できるようなノウハウが欲しい
  • 誤字を発見してしまったので、早急に直したい
  • デザインが気に入らないので、自分で直したい


ある日のこと、私の幼なじみからこんな電話がかかってきた。

友人(M君):
ねえねえ、Sさんってさ、ホームページ作れるんだよね?
以前、僕のレストランのホームページを業者に依頼してつくってもらったんだけど、
更新をする度に費用がかかっちゃって・・・
ちょっと文字や写真を入れ替えたいだけなのに、毎回数万円かかるし、
頼んでも1週間くらいかかるんだけど、これって仕方ないこと?

私(S): そうだねー、更新代がかかるのは仕方ないかなぁ。
だって、業者は仕事でやってるんだから、無料で更新してくれるなんてことはないだろうしね。
文字直すだけで1週間もかかるのは、ちょっと遅いかもね。

M君:
たとえばなんだけどさ、、Sさんに頼んだら、うちのホームページの更新もできるの?
「冬のおすすめメニュー」というところを「春のおすすめメニュー」に変えたいんだけど・・・。
あ、、もちろんお礼はするよ〜!

私:
見てみないと分からないけど・・・。
でも、私はプロじゃないから、そんなに頻繁にはお手伝いできないかも。。
それでもよければ、M君のお店のホームページを見てみるから、
URLとFTPアカウント教えてもらってもいい?

M君:
URLとFTPアカウント??
ごめん、ちょっとよくわからないんだけど、
それがないとホームページの更新ができないの??

私:
あ、URLっていうのはホームページのアドレスのことだよ。
あとFTPアカウントというのは、ホームページをサーバーにアップロードするための情報だよ。
業者から教えてもらってないかな?
FTPアカウントがないと、基本的にはホームページの更新はできないと思うよ。

M君:
そうなんだ・・・。わかった業者に聞いてみるわ。
いろいろありがとう、また連絡するね!

私:
うん、また何か力になれることがあれば、言ってね。




この日は、こんな電話で終わったのだが、
その後、結論から言うと、M君のレストランのホームページは、
業者とのいざこざが発生し、そのまま更新できない状態になってしまった。

私なりに、M君の失敗ポイントをまとめてみる。

  1. 業者に依頼する際、ホームページを作成することばかりに気が取られ、
    更新の方法やそれにかかる費用を考えていなかった。
  2. 業者に依頼する際、どこに頼んでいいかが分からず、
    費用の安いところに頼んだら、更新費がかさみ、結局、高くついてしまった。
  3. ホームページの運営も業者に任せざるを得なくなっていたため、
    自分のホームページであるにもかかわらず、何もできない状態となってしまった。
  4. 業者といざこざが発生し、結果的にホームページごと手放すことになった。



どうですか?
もしかしたら、あなたも同じような状態になっていたりしますか?

そんな場合、こうすれば全て解決!

・・・なんていう魔法の方法は存在しないんだよね。。
そう、ホームページで一番といっていいくらい大切なことは、
つくってハイ終わり、じゃなくて、長く運営していくもの
ということなんだな。


だから、自分で更新できる状態にしておく、
というのはとても大切なことなんだ。

もし、業者が作ったホームページを自分で更新したいけど、
あなたが超初心者の場合、
厳しいことを言うようだが、基本的にあきらめた方がいい。

業者は、普通の場合、ホームページビルダーとかは使わない。
いわゆるHTMLというものを、直接書き込んで作成している。
やつらはプロだから、素人が使うようなソフトで作ったりはしないのだ。

だから、もしあなたが初心者で、HTMLなんてぜんぜんワカラナァーイな人だとしたら、
プロの作成したファイルを理解して引き継いで作業する、なんていうのは、
小学生がワールドカップのメンバーに選ばれるくらい
あり得ないことっす(例えが微妙だが)。


じゃあ、どうすればいいの・・・?(涙)

という涙がキラリ☆としていそうです。


でも大丈夫。
まずは、文章や写真のバックアップをとるんだ。

とにかく、業者に作ってもらったホームページをブラウザで表示し、
文章をコピーして、メモ帳とかワードとかに貼付けて保存しよう。
業者とトラブった場合、二度と文章が取り出せなくなる恐れがあるので、
かならずコピーして、あなたのパソコンに保存しておくようにしよう。

写真も同様だ。
写真の場合は、右クリックして「名前をつけて画像を保存」を選択し、
自分のパソコンにダウンロードしておこう。


次に、極端なことを言うかもしれないが、
自分でホームページを作り直そう。

結局、これが最善の方法だと、筆者は断言する。
自分で作ったものは、当然、自分で更新できる。
これ以上もこれ以下もない。


そんなことできないよ・・・(涙)

と、涙を光らせてもはじまらない。

そこで、もう一度、このサイトを1から読み直すんだ。
たった5分もあれば読める内容だ。

今ならまだ間に合う。
最終的に後悔しないことが大切だ!
健闘を祈っているぞ!!!!