ホームページ作成の注意点

これまで、私自身、本当に
ホームページのことについては苦労を重ねてきました。
このページでは、どこにも書かれていなかった、
絶対的に知っておいた方がいいことについて
記しておこうと思います。

ホームページのプロからすれば常識なのかもしれないけど、
このことを知っているか否かでは、
おそらく、情報の信用度がまるで違ってくるので、
ホームページの作り方について、
全く異なる結果になってしまうと思います。

そのことをこれからお伝えするのですが、
はじめにお断りしておきたいことがあります。

それはまず、この後、記載する内容は、
決して、特定の業者や、特定のホームページを
否定したりするものではありません。

事実情報ではありますが、だからといって、
その後、ホームページの作成方法については、
それぞれ、みなさんの判断で決めていただくことを
お願いいたします。

まず、大前提のことになります。

今このページを読んでいるあなたは
どのようにここにたどり着きましたか?

「ホームページの作り方」
「ホームページ作成方法」
「ホームページ初心者」

など、なにかの言葉を、ヤフーやグーグルで
検索して来た方が多いと思います。

そして、そのような検索をした後で、
上から順に、いくつか他のページの情報も
読んでいたのではないでしょうか?

この記事を執筆している私自身も、
かつて同じ経験をしているので、とてもよくわかるのです。

そこで、きっと今
あなたはこんな気持ちでいるのではないでしょうか?

「いろんな情報や、おすすめの作り方が紹介されているけど
一体、どれが一番いい方法なのかな?」

いかがでしょうか。
たしかにそんな気持ちだ、という方は、
ぜひここから先も、読んでいただきたいのです。

まず、他の情報で紹介されている
ホームページの作り方について、
こんなところに注目していただきたいと思います。

以下は、あるホームページで紹介されていた
サービスへのリンクをクリックしたあとの画面です。

なぜか、アドレスの文字列がとても長い

ブラウザのアドレスバーの文字に注目ください。
なぜか、とても長いアドレスになっていることがわかります。

もう少していねいに説明しますと、
「ホームページの作り方」で検索して見つけたページに
「ココナラ」というとても有名な
スキルマーケットサービスの紹介のリンクが貼られていて、
それをクリックしたときの画面ということになります。

本来、「ココナラ」というサービスは、
coconala.com
というとても短いアドレスで表示できるはずなのですが、
coconala.com/?utm_source=a8&utm_midium/affiliate&.......
というように、長いアドレスでリンクが貼られている場合があります。

技術的な説明は省きますが、
これは「アフィリエイトリンク」と呼ばれるものです。

よく見てみると、長いアドレスに中に
「a8」や「affiliate」という単語も含まれていますね。
「a8」はアフィリエイトプロバイダーと呼ばれる会社の名前、
「affiliate」はまさにアフィリエイトリンクである証明です。

どういうことかといいますと、
リンク元のページの作成者が、
「アフィリエイトリンク」を貼って
あるサービスを紹介したとします。

そのリンクを誰かがクリックして
リンク先のサービスを利用した場合、
サービス運営会社が、紹介者に対し、
紹介料を支払うという仕組みになっているのです。

コレ自体はもちろん合法的に認められているもので、
特段、悪い話ではありません。

ただ、
「あなたがもし、そのサービスを利用すると、
元のページの作成者が、料金を受け取ることになる」
という関係があります。

あなたが何も知らずに、
「いい情報だな!このサービスに申し込んでホームページをつくろう!」
とお金を払うほどに、
誰かが儲けを得ているということになるのです。

このように、
「ホームページの作り方」
などで検索して出てくるものの多くが、
「アフィリエイトでお金を稼ぐ」
ために情報を発信している場合が多いのです。

つまり、サービスの実際の良し悪しとは関係なく
アフィリエイト報酬額を高くもらえるサービスを
「これはよいサービスだよ」というふうに
紹介している場合も多いので注意が必要なのです。

それを知った上で、その情報を信用するならいいのですが、
何も知らずに、情報を鵜呑みにしてしまうのは、
ちょっとフェアじゃないな、と感じるのも事実。

ホームページの作り方を模索しているあなたには
ぜひ知っておいて欲しいことでもあります。

逆に、長いアドレスでのリンクではなく、
シンプルなアドレスでリンクを貼っていて、
サービスを紹介している場合は、
非営利での情報発信と見て、いいと思います。

どんな情報を信用して、判断するのか、
ホームページは大切なものだからこそ、
冷静に、情報も見極めていきたいですね。