無料でホームページ作成するなら

ホームページをできれば無料で作りたい。
それは、小さな会社やお店のホームページであれば
誰でも考えることですし、
サークルや非営利活動などの場合も、
費用をかけずになんとかできないか、と思う方も多いでしょう。

「無料ホームページ」で検索しても、実際は
様々なツールやサービスの比較情報ばかりで、
結局、自分にとってどのような方法がいいのか、
検討がつかないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

  • ホームページに費用があまりかけられない
  • できれば無料でなんとか作成したい
  • あまり難しい学習はしたくない
  • パソコンやITはあまり得意とはいえない
  • それでもなんとかホームページを作成したい

このページは、私自身の体験を元にまとめた渾身の内容です。
ぜひ最後までお読みください。お役に立てるはずです。

上記のようなお悩みを抱える方のために、
実際、どのような方法を選べばいいのか、
私なりの視点でご紹介してみたいと思います。

ホームページに本来かかる費用を理解しよう

ドメインやサーバーのレンタル料

こんなことをお伝えしては、身も蓋もないのですが、
そもそも、ホームページを無料で作成するということ自体、
実はけっこう無理がある話です。

当サイトの「サーバーやドメインって何?」でもお伝えした通り、
ホームページの作成は、無料ソフトを駆使してできたとしても、
それを世の中の人が見られるように公開するためには、
ドメインとサーバーが必要になります。

ドメインはインターネット上の「住所」にあたるもので、
サーバーはホームページのデータを置く「土地」にあたります。

住所の登記にも、土地を賃貸するにも、
どうしてもお金がかかることはイメージできるでしょう。
ですので、そもそも、ホームページを公開するためには、
どこかで必ず費用が発生することは避けられません。

しかし、少しややこしいのが、
この住所も土地も「無料でどうぞ」という業者も存在します。

それはなぜかといえば、ドメイン(住所)やサーバー(土地)の
レンタル費用という名目では、お金をもらわない代わりに、
借り主の作ったホームページに「広告を掲載する」という
ことで、この広告出稿料を、別の企業から徴収しているという
構造になっています。

無料で使えるサーバーとホームページ作成者と業者の関係図

つまり、ドメインやサーバーを無料で貸し出す代わりに、
あなたのホームページに、広告を貼らせてもらう、
そこで、サーバー業者は、別で収益を得ている
ということになります。

ここで少し問題になりかねないのが、広告の内容です。
場合によっては、あまり印象のよくない広告などが、
あなたのホームページに掲載される可能性があります。
無料ですから、そこはクレームを言える立場にはないので、
そのリスクを理解しておく必要があります。

ホームページ作成サービスの利用料

最近では、簡単にホームページを作成できるサービスも
種類が増えていて、「無料プラン」「フリープラン」なども
用意されていることがあります。

実際に、「無料ホームページ作成」などで検索すると、
このようなホームページ作成サービスの案内サイトが、
たくさん出てくるので、目にすることが多いのではないでしょうか?

しかし、このホームページ作成サービスは、
当然ではありますが、営利企業が提供するものですので、
企業側は、このサービスを開発したり運営するために、
お金がかかっていますから、どこかで徴収する必要があります。

ではなぜ、無料プランを提供できるのでしょうか?
多くの場合は、無料プランから有料プランへ
移行してもらうことを企業は期待しています。

ホームページ作成サービスのビジネスモデル図

たとえば、無料プランでは、
作成できるページ数が少ない、使える機能が限られている、
選べるデザインが少ない、ファイルの保存容量が少ない、
自動的に広告が挿入される、表示や動作が重い
など、快適なホームページ作成環境というわけではない、
上記のような場合もあり得ます(サービスによってその程度は異なります)。

そこで、ストレスを感じた場合に、
「有料プランへ移行していただけると、解決します」
という案内がなされ、そこで結果的には費用をかけることになる
そういうビジネスモデルになっていると考えていいでしょう。

「無料」から「なるべく費用をかけない」へ

私自身、無料でホームページ作成を行うことに
とてもこだわってきた過去があり、
最終的には、作成ツールに頼らず、自分でHTMLを学習して、
タグ打ちで、ホームページを作り上げました。

しかし、その間、1年くらい悪戦苦闘して、
参考書籍やセミナーなども受講したりしましたので、
結局そこで、費用もだいぶ使いましたし、
休日もだいぶ潰しながら、勉強して今に至りました。

私自身は、興味もあったので、お金や時間を費やしたことには
もちろん後悔もないですし、よかったと思っていますが、
この苦労を同じようにする人がいるのだとすると、
それはけっこう厳しいのではないか、という気がします。

無料のホームページ作成方法を探すということから、
「なるべく無駄な費用をかけない」
「リーズナブルにホームページ作成をする」
という考え方に切り替えることが大切だと思います。

結果的に、その方が、費用面でも時間面でも、
そして、精神面でも、メリットが大きいと思います。

費用を抑えるホームページ作成のステップ

1. ホームページ講座を受講してみる

まずは、自分でホームページ作成の基本を理解することが大切。
HTMLなどの難しい勉強はしなくてもいいのですが、
大枠の作り方を理解しておくことで、
「自分にあっている方法」が見えてくるはずです。

最近では、ホームページ作成に関する様々な無料講座があります。
最も手軽なものでは、youtubeなどでも、
ホームページ作成についての解説動画がたくさんありますので、
無料で視聴することができます。
初心者向けの動画も多くあると思いますので、検索してみるのも一手です。

しかし、私が特におすすめするのは、
「オンラインのホームページ作成講座」です。

講師がその場で解説してくれる講座は、わかりやすく、
質問もできる場合があるので、受講してみるとよいでしょう。

オンライン講座の探し方ですが、
イベントやセミナーの情報が紹介されているサイトがあります。
たとえば、以下のサイトがとても便利です。
Peatix (ピーティックス)

「ホームページ作成」で検索すると、
無料の講座もいくつか出てくるかと思いますので、
チェックしてみてください。

2. 無料お試し期間を利用してみる

やはりおすすめするのは、
ホームページ作成サービスを利用することです。
自分でHTMLやCSSなどを学習したり、
プロが使うような本格的なソフトウェアを習得するより、
予めテンプレートや機能が用意されているサービスは、
とても気持ちを楽にしてくれますし、時間が圧縮できます。

しかし、大事なポイントは、
いくつかのホームページ作成サービスから、
「自分にあったサービス」を選ぶことです。

そのために、「無料お試し期間」を利用して、
気になったホームページ作成サービスを実際に使ってみる

ようにしましょう。

調べた情報や知識だけではなく、
使いやすいツールかどうかは、とても大切なポイントです。
ホームページは長く使用していくものですから、
いくら価格が安くても、使いにくいと感じるものだと、
ずっとストレスを抱え続けてしまうことになります。

また、サービスによっては、
「無料お試し期間」といいながらも、そのまま放置してしまうと、
自動的に課金されてしまうものもありますので、注意しましょう。

無料お試し期間に、安易にクレジットカードなどを登録ぜず、
利用料は、きちんと、申し込む意思を固めた段階で、
支払うようにしてください。

3. サービス内容を確認する

費用をなるべく抑えるためには、
目先の価格の安さに、いきなり飛びつくのではなく、
きちんと、サービスの内容を理解して、
後から余計な費用を発生させないことです。

ホームページ作成サービスには、
様々なプランが用意されている場合が多いですが、
以下の項目について、しっかりと確認しておきましょう。

ここでは、小さな会社やお店のホームページ作成するなら、
という視点で、確認しておくべき項目を紹介します。

独自ドメインは含まれているか

独自ドメインとは、ホームページのアドレスを
自分の希望するもので取得することです。

当ホームページも独自ドメインを取得しています。
「homepage-maker.jp」というドメインです。

特に会社やお店のホームページであれば、
独自ドメインを取得することは、
信用やイメージにも関係するので大切です。

ホームページ作成サービスには、この独自ドメインの取得は
「別費用」を支払う前提となっている場合がある
ので注意しましょう。
利用料の表示価格はかなり安く見えても、
独自ドメインなど、必要なものが外れている可能性もあります。

10ページ以上作成できるか

安価なホームページ作成サービスは、
作成できるページ数が少ない場合があります。

たとえば、作成できるのが5ページだとすると、
すぐにページが埋まってしまい、結果的に、
満足できるホームページが作れない、ということにもなり得ます。
そこで、上位プランへ移行しなければならず、
さらに費用が加算されたりするケースです。

最低でも10ページ以上、できれば100ページくらいは
作成できるボリュームが欲しい
ところです。
「作成できる最大ページ数」については
しっかりとチェックしておくことがおすすめです。

お問い合わせフォーム機能があるか

どんなホームページでも、
興味を持ってくれた閲覧者から連絡を取れる状態に
しておくことが大切です。

メールアドレスをホームページへ直接掲載してしまうと、
スパムメール(迷惑メールやウイルスメール)などを
送信されてしまうので、絶対にやめましょう。

そこで必要なのが、お問い合わせフォーム機能です。
入力項目を用意して、きちんと自分宛に連絡が受け取れるような
フォーム機能が、ホームページ作成サービスに搭載されているか
確認しておきましょう。

デザインの変更ができるか

ホームページ作成サービスの選び方において、
意外と見落としがちなのが、
「後からでもデザインの変更ができるか」です。

どのホームページ作成サービスでも、おおよそ同じですが、
はじめにテンプレートを選び、文字や写真を組み込んでいくことで、
ホームページを作り上げていきます。

しかし、その後、
「やっぱりこっちのテンプレートに変更したい」
「このようなデザインの方が、イメージに合っているかも」

など、変更したいと思うことがあります。

その際に、サービスによっては、
レイアウトが大きく崩れてしまったり、
不具合が起こってしまう場合もあります。
(筆者は、その経験がかなりあります…)

よって、デザインテンプレートが、
後からでも変更できるかはとても重要。

ぜひ、事前に確認しておくことがおすすめです。

ユーザーサポートが充実しているか

ホームページ制作のプロでない限りは、
やはり、自分で作成していくにあたり、
わからないことや、自力では解決できないこと、
漠然と不安に思ってしまうことなど、当然あると思います。

そんなときに、問い合わせができるか、
丁寧に回答やサポートをしてもらえるのか、
この「ユーザーサポート」は、
選ぶサービスによって、対応や品質がかなり異なる
と思います。
無料プランは、このサポートがなしとなっている場合も多いです。

よって、自分が選ぼうとしているサービスやプランには、
このユーザーサポートはあるのか、対応の質はどうかについても、
確認することがとても大切になります。

使い方マニュアルが十分用意されているか

最近のホームページ作成ツールは、
初心者でも、操作方法を理解することができれば、
プロのようなホームページを作ることも可能なくらい、
機能も充実していると思います。

一方で、各サービスともに、簡単に使えるとは宣伝するものの、
使い方のマニュアルや、詳細ページまで、
わかりやすく整備されているかというと、そこにも差があります。

特に海外製のサービスは、解説ページやマニュアルが、
日本語が不自然であまりわかりやすくない傾向
もある気がします。
(あくまでも個人の感触です)

使い方の解説がわかりやすく用意されていることは、
長くホームページを使っていく上で、かなり重要です。
大事にすべきは、ストレスなく、ホームページを自分で作成できる、
ということに尽きると思います。

利用料が安くても、使い方マニュアルが充実しているサービスを
ぜひ選ぶようにしてください。

このページのまとめ

  • 本来、ホームページには費用がかかる。費用が無料ということには理由があることを知ろう。
  • 「無料」にこだわりすぎず、「なるべく費用をかけない」という発想で、正しい選択をしよう。
  • 無料で受講できるホームページ講座で、ホームページの基本を知ろう。
  • ホームページ作成サービスは便利。無料お試し期間を利用して、サービスの内容をしっかりと確認してから申し込もう。

↓当サイトおすすめのホームページ講座です↓

ホームページの作り方を90分でさらっと学べる